ジェンガラとは

ジェンガラ陶器の歴史

「ジェンガラ」とはジェンガラ・ケラミック・バリ社(P.T.JENGGALA KERAMIK BALI)の略称であり、同時に陶器の窯元ブランドとしての名称でもあります。

ジェンガラ陶器の歴史の始まりは、1976年、ニュージーランドのデザイナーBrent Hessely氏とバリのホテル経営者のWija Waworuntu氏と、その娘のAde Waroruntuの協力を得て、サヌールに小さな工場を設立したのが始まりです。

そして、瞬く間に地元のホテルやレストランで採用され、高級リゾートホテル、アマンリゾーツをはじめリッツカールトン、フォーシーズンズ、コンラッド(ヒルトン)、ブルガリなどバリ島の名だたるホテル、5つ星レストランで最上級のおもてなしをするための 食器として選ばれています。

1999年にはジンバラン地区にオフィス・ファクトリー・ギャラリーを一体化させた本社を設立。

バリ島の自然や文化をモチーフにデザインされ、和食器、洋食器とも異なるモダンさと、手作りの陶器の温かい質感に親しみが湧きます。

世界でひとつのジェンガラ

ひとつひとつ手作業で制作されるジェンガラは、同じデザインでもまったく同じ物はありません。
近年では著名なアーティストやデザイナーを採用するなど、創作活動にも力を注いでおり西洋のモダンなデザインと豊富なカラーバリエーションがプラスされ、ナチュラルでありながら斬新な作品が生み出されております。

現在ではバリを代表する陶器となっていて国際的にも人気の高いメーカーとなりました。

バリ島から広まったジェンガラは、ヨーロッパでは早くから人気があり、今では国際的に高い評価を得ていまやドバイ・モルディブ・マレーシアなどの★★★★★5つ星ホテルやレストランなど、把握しきれないほど採用されています。

バリホリィズの品質管理

当店が扱っております全てのジェンガラ・ケラミック社の製品は、ジェンガラ・ケラミック社が直接当店からの製作依頼を受けた後に製作しジェンガラ・ケラミック社より直接当店へ輸出されたものです。

バリホリィズでは、国内外の販売代理業者や現地バイヤーなどの中間業者からの商材を取り扱うことは原則としてありません。

また、現地ジェンガラ・ケラミック社のショールームで一般のお客様向けに店頭販売されている製品は、多くの人が製品に触れている可能性がありますので、当店の検品基準・品質管理基準とは異なる製品です。

それらの製品を買い付けや独自の輸入によりお客様へ販売することはありません。
輸入の際、厚生労働省令で定める食品衛生法で義務付けられている各規格ごとの輸入食品等試験を受け、食器としての使用が認められた物のみを販売させていただいております。

品質・製品の個体差について

和食器同様に、製品のほとんどが専属の職人が丹精込めて手作業で製作にかかります。 手作業の製品は当然ながら機械で製作された物とは違い、 一つ一つの製品が異なり、その手づくり感が製品特性でもあります。

職人達は世界有数のアーティスト気質と器用さを持っておりますが、 商品の完成度に対する基本的な概念が日本やヨーロッパの基準とは異なります。

バリ島の手作製品をお手にされた事がない場合は、ジェンガラ・ケラミックの特性をよくご理解頂き、 機械生産商品の精度とは基本的に異なる製品特性を愉しんでいただけましたら幸いです。

各製品ごと見比べると、サイズ(大きさ)、色ムラ、表面の凹凸やゆがみ、小さな気泡、 底面のザラつきなどの個体差がございます。

検品の際、出来得る限り個体差の出ない様に配慮し販売させていただいておりますが、 ハンドメイドの製品である以上、限界があることをご了承ください。
糸底(裏側の接地面)のざらつきや、がたつき、細かい破片が張り付いている場合がございますが、これはテーブルやマット、そして重ねた器を必要以上に傷つける原因になります。

バリホリィズでは出荷前に必ず手で確認し、必要であれば専門の工具で研磨をしてから出荷しております。

いずれも現地で通常販売され、現地ホテル等でも通常使用されているクォリティーを対象として検品、また、当店ではお客様の立場に立った適正な検品基準を設け、 その基準をクリアしていない個体差の大きなものを販売することはございません。

取り扱いとメンテナンス

電子レンジの使用は問題ありませんが、急激な温度の変化による亀裂・破損などが起こる場合ありますので、オーブンでのご使用はおひかえ下さい。

食器洗浄機のご使用もしていただけます。

食器用洗剤や漂白剤の使用は、中性洗剤や塩素系漂白剤とともに問題ありません。

チーク(木材)が使用された製品のチーク(木材)部は、割れの原因になりますので、 水洗いは避け、お湯や薄めた洗剤などを含ませ固く絞った布巾で拭いてください

刻印について

製品の大きさや刻印スペースなどにより、裏に刻印が入っているものと、入っていない場合があります。

この刻印は、正規品を見極めるものではないので、ジェンガラ社では刻印のあるなしにかかわらず、正規品としてて取扱いをしております。

梱包について

バリホリィズではジェンガラ・ケラミックの発送の際に、ジェンガラ・ケラミック社から送られてくる輸入の際に使用されているバナナの葉が原料の紙を梱包に使わせていただいております。

資源の有効活用にお客様のご理解とご協力の程お願いいたします。

また、バリホリィズは、地球にやさしいショップを目指して簡易包装、資材の再利用を実施しています。